Welcome to my homepage

CONTENTS

あうんバナー




現在の閲覧者数:

北九州要約筆記の会「あうん」

 一般的には、聴覚に障がいのある方々は、手話で会話ができるとの認識が多いのではないでしょうか?
しかし、中途失聴者や難聴者は、第1言語を母国語としている場合が多く、積極的なコミュニケーション手段として手話を覚える事が難しい場合が多いそうです。
そのため、日本語を文字として理解できる能力を使い、情報保障手段として要約筆記を用い、会話の
補助手段として、手話を用いることが増えてきているようです。
要約筆記とは、聴覚に障がいのある方々への情報保障手段の一つで、話している内容を要約し、
文字(テキスト)として伝えることをいいます。
OHCやパソコン等を利用して、音声情報をスクリーン上に提供することもできます。
聴覚に障がいがある方々のために「発話時点で要約し通訳すること」を保障するのであって、音声の記録行為や速記とは内容が異なります。

※参考文献  ウィキペディア
詳細は、要約筆記のページをご覧ください。

 北九州要約筆記の会「あうん」は、要約筆記の養成講座を修了したメンバーで構成された会です。
聴覚に障がいのある方の、講演会や会議への参加、おけいこ事・通院・学校行事などで必要な時に同行し、 要約筆記をもちいて音声情報を伝えます。チームで情報保障を行うこともあります。
「あうん」では、難聴の方々にとって様々な音声情報が、 必要な時に必要な場面で提供されることが、 あたりまえの社会になること(音声情報バリアフリー化)を目指しています。

「あうん」は、さまざまな場面に応じた情報保障を、的確にスムーズにおこなう為の技術を磨き、 要約筆記に必要な知識や情報を共有しながら、学習・練習会もおこなっています。

福岡県北九州市に要約筆記を通じて情報提供をし、音声情報バリアフリー化を目指す
北九州要約筆記の会「あうん」という団体があること。
それを知っていただく為の啓発活動のひとつとしてホームページを立ち上げました。



▲top page

inserted by FC2 system